2004.8.21 ドラクロアからムンクまで 19世紀ヨーロッパ絵画の視点

(名古屋ボストン美術館)
(2004.4.17~9.12)

絶対観に来ようと画策していた展覧会。総点数44点、と小規模かと思いきや。
2.マーティン/エジプトの7番目の災い/ジョン・マーティンですよ、
4.シェフェール/ダンテとベアトリーチェ/べた塗りなのに重い印象はなく、すべらかで清く美しい。
5.ブーグロー/兄弟愛/題名と
7.バーン=ジョーンズ/希望/ばーんじょーんずですよ、ばーんじょーんず。

12.メルソン/エジプトへの逃避途上の休息/今回イチオシ。
15.ジェローム/ムーア人の浴場/光の差し込む様子が
20.コロー/花輪を編む若い娘/フライヤーの部分掲載と全く印象が違う。だまされた(笑。
30.ブルトン/ろうそくを持つ女/
32.ドーミエ/勝ち誇る弁護士/ドーミエの油彩はあまり見たことがないのだが、
すきと言うわけではなく描写力に圧倒されただけ。烏賊にも性格悪そうな弁護士に見えたから。
34.ステヴァンス/追悼/
35.ステヴァンス/物思い/
40.ロートレック/画家のアトリエのカルマン・ゴーダン/ロートレックも観たのはポスターばかりで
油彩はめずらしい。
41.ハンマースホイ/室内の女/
42.ティト/ヴェネチアの風の日/

ムンクはぜんぜんだめ(フライヤーの部分掲載にだまされたPart2)。
ゴッホはまあさすがにゴッホやなあ、と言う印象のみ。
大御所より無名(わたしの中で)の作品の方にあたりが多かった。ばーんじょーんずは別ね。

本家ボストンともめたせいか、常設(オープンギャラリー)が一新されていた。
「美への散策」と言う題で、副題は「古代ギリシアから現代アメリカへ」。
その題名で危惧した通り、古代ギリシア・ローマで15点、ヨーロッパ美術と銘打って14点、
アメリカ19世紀美術が10点、アメリカ現代美術5点、の計44点のてんでばらばらな展示。
モノはまぁそこそこだけど、まぁ常設だからしかたないか。
ルノワール/野原で花を摘む娘たち/こちらは企画展に出てたルノワールより色遣いがきれいでよい。
カナレットはいつ観てもカナレットだが、まあまあか。
ルード/ヘベと鷲(ジュピター)/ブロンズは美しかった。これはおとく。
セーヴルの台付花瓶は精緻で美しい。

次回のボストンギャラリー企画展示はオキーフだそうだ。ポスター来たら行きたいなあ。
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-08-21 15:52 | 展覧会

2004.8.21 日本の木版画100年展 (名古屋市美術館)

(2004.~8.29)

朝、ホテルで気付く。招待券忘れた!なんたること!800!
しかたなし。

現役大学生の版画作品がチャリティーで1000円で売られている。
ついつい夢中になって探してしまう。1枚選んだ。
わたしにとって初めての作品購入である(笑。
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-08-21 15:51 | 展覧会

2004.8.20 ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ展 (岐阜県美術館)

(2004.7.17~9.5)


図録(2100円)は東京で買うことにする
夏だけ夜間開館しているが、人も少なくまわりは真っ暗。
車で来る人以外いないだろうな。
T氏、R氏と腹ぺこなので手近のファミレス中華に。おなかいっぱい。
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-08-20 21:22 | 展覧会

2004.8.20 詩とメルヘンの 年展 (K美術館)

味戸さんの原画を常設展示している個人美術館。


まずは冷たい麦茶を女性のかたに頂き、
帰りは車で送って頂いた。

K美術館
三島駅からバス 東海道新幹線JR三島駅南口、1番ポール
「新道経由沼津行き」乗車約10分
「伏見新田」(ふしみしんでん)下車、目の前(注)バス停「伏見」の次です
三島駅南口発時刻表 10:00、12:50、13:50
「旧道経由沼津行き」(1番ポール)の場合、乗車約10分
「玉井寺」(ぎょくせいじ)下車、徒歩3分
三島駅南口発時刻表 10:40、11:00、20、40、 12:00、40
お電話くだされば、「玉井寺」バス停まで迎えに
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-08-20 20:20 | 展覧会

2004.8.8~9 計画と実際

☆8月8,9日計画
8月8日
東京藝術大学大学美術館/横山大観「海山十題」展/7/27~8/29
ミュゼ・浜口陽三ヤマサコレクション/浜口陽三・池田満寿夫/~8/ 8
T-BOX/銅版画三人展(長野順子/8/2~8,16~21/銀座8-11
板橋区立美術館/04イタリア・ボローニャ国際絵本原画展/7/10~8/15
神奈川県立歴史博物館/横浜正金銀行/~9/12
横浜都市発展記念館/横浜・長崎 教会建築史紀行/~8/29
横浜泊

8月9日
国立西洋美術館/聖杯-中世の金工技術/~8/15
東京都美術館/よみがえる四川文明(内覧会)/14:30~17:00
日本青年館/星組  花のいそぎ/18:00~


実際
8月8日
ミュゼ・浜口陽三ヤマサコレクション/浜口陽三・池田満寿夫/~8/ 8
ロイヤルパークホテル・デリ
浪漫亭(白楽)

8月9日
小田急グランドギャラリー/いきもの図鑑-牧野四子吉の世界/8/4~8/16
東京都美術館/よみがえる四川文明(内覧会)/14:30~17:00
日本青年館/星組・花のいそぎ/18:00~
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-08-08 08:08 | 展覧会

2004.7.12 ルーヴル美術館展 中世フランスの秘宝

(新潟県立近代美術館)
(2004.7.10~9.12)

ルーヴルは絵画ばかりではありません。
そんな知られざるルーヴルの所蔵品の中から厳選した、国内ではおよそ30年ぶりに
開催されるフランス中世美術展。
ロマネスク・ゴシック美術などの言葉にピンと来る方は必見!!!です。
美しい天使像に騎士像、精緻な象牙彫刻、タペストリーなど逸品揃い。
ただ国内では新潟と福岡のみの開催なので比較的近いのは新潟です。
この夏、旅行・帰省等の際、新潟で東京に来ない美術展の鑑賞はいかがでしょう?
ちなみに、大英博物館展との共通券も発売されています。

新潟市内から移動して、長岡駅からバスなので
時間が厳しく
客が少ない・・・
学芸員に質問したところ、学芸部長さんが。
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-07-12 22:57 | 展覧会

2004.7.12 ポール・デルヴォー展 (新潟市美術館)

(2004.6.19~7.25)

ベルギーの財団設立25周年記念国際巡回展。
なのに国内では新潟・宮崎・愛知・福島(来年)の巡回で、関東はおろか
関西にも来ないため、見に行くことにしました。
全体で80数点、油彩は21点と少なめですが、日本初公開や油彩のための
素描・習作が多く、製作過程がわかりやすく興味深い展覧会でした。
それにしてもデルヴォーの絵は不思議です。
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-07-12 22:45 | 展覧会

2004.7.12 大英博物館の至宝展

(新潟県立万代島美術館)
(2004.6.26~8.29)

昨年上野でも開催されたが、人が多すぎてろくに見られなくてとても残念だったので、
日本最終巡回地の新潟に行くことにしました。
平日・開館直後・雨の割に観覧者数は多かったけれど、もちろん上野とは比べ物に
なりませんでした。
世界一周一万年の旅と言う副題の通り、総花的な内容でどれも優品揃いですが、
どうにもまとまりのない内容でした。
個人的には展示替で上野で展示されなかった渓斎英泉の肉筆浮世絵が見られて満足です。
[PR]
# by kinmokusei_verdi | 2004-07-12 22:43 | 展覧会