カテゴリ:ぬきがき( 40 )

『大いなる救い』


「何を読んでいるんです?」
「安っぽいロマンスですわ(略)わたしの気晴らしなんです。
ロマンス小説では、いつも最後にみんなが幸せになりますから」


『大いなる救い』 エリザベス・ジョージ

みんなしあわせに・・・なれたらいいのにね。
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-11-27 21:39 | ぬきがき

『ウサギぶつかる木の根っこ』

「人間でも、野生の動物でも、生きものとしてまじめに生きることは、
しんどいことだと思います。 それでも、おたがい生きてゆかなければなりません。
わたしは、ときどき顔をあわせるキタキツネやエゾシカに「なあ、そうだなあ」と、
声をかけることがあります。あいてもきっと、同じ気持ではないかと思うのです。
ですから、しんどい者どうしが、そのしんどさをほんの少し理解し合って、
生きてゆくしかないと思います。」

『ウサギぶつかる木の根っこ』   竹田津  実  (『ゆかいな牧場』所収)

それでも、まじめに生きていかなければ。
何にまじめに?
自分のこころに。
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-11-02 21:56 | ぬきがき

 『おおきなもののすきなおうさま』

「エジプトの王は、ピラミッドという巨大な墓をつくらせたが、
大きな花を咲かせることだけはできなかった。
 生命を人間がつくることはできない。花一つ、虫一つが、
かけがえのないものであることを思わねばならぬ。」

安野光雅  『おおきなもののすきなおうさま』あとがきから
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-21 20:34 | ぬきがき

『少女』

「光は闇によって生かされている。
闇が深ければ、どんなに短い光も鮮やかな残像を残すのだ。」

『少女』 大原 まり子 (「メンタル・フィメール」所収 )
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-15 21:34 | ぬきがき

『フランケンシュタイン』


「われわれは未完成の、中途半端な生き物です。
自分よりも賢く、善良で、よりいとしい存在-
-友とはそうあるべきものですから-そういう存在の力を借りなければ、
この弱い欠点だらけの本性を完全にすることはできない。」


『フランケンシュタイン』 M.シェリー
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-14 23:40 | ぬきがき

『ヴァーチャル・ガール』

「人間のやることなすことが、なぜこうもわたしを感激させるのだろう。
人間は寿命も能力もしごく限定された、弱い生き物だ。(略)
人間は、ことばやセックスを使わなければ通じ合えないのだ。
どうしてそれでさみしさに耐えてゆけるのだろう。」

『ヴァーチャル・ガール』 エイミー・トムスン
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-13 23:54 | ぬきがき

『まぼろしの白馬』

「美しいものは、最初は、こうして遠くから見るのがいちばんいいのです。」

『まぼろしの白馬』 エリザベス・グージ
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-13 23:49 | ぬきがき

『まぼろしの白馬』

「人間-生きものは、大まかにいって三つの型に分けられます。
本になぐさめを見いだす人、自分の身を飾るものを考えてたのしむ人、
何よりも食事をたのしむもの、この三種類です。」

『まぼろしの白馬』 エリザベス・グージ

あなたはどのタイプですか?
わたしは本+食事÷2かな。
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-12 22:40 | ぬきがき

マルケの言葉から

「だまされるとしても、それがどうだというのだ。だまされるのを知ってさえいれば」

マルケ自身の言葉  「マルケの生涯」M.マルケ  (「マルケ展図録」所収)
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-10 12:32 | ぬきがき

『カント・アンジェリコ』

「心するがいい。声にされた言葉は、それ自体が運命の似姿となりかねないのだから。」

『カント・アンジェリコ』 高野 史緒
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2004-10-08 23:13 | ぬきがき