カテゴリ:展覧会( 489 )

ふぇるめーる・めも その2 (まだ途中)

年末にあげた「ふぇるめーる・めも その2 ( 2015-12-27)」を誤って消してしまい、
休日残り半分が復旧作業に。。。
とりあえず。

2009(平成21)年
ルーヴル美術館展-17世紀ヨーロッパ絵画-
国立西洋美術館 (2.28~6.14) 6.7
京都市美術館 (6.30~9.27)
《レースを編む女》


2011(平成23)年
フェルメールからのラブレター 
コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ
京都市美術館 (6.25~10.16) 9.29
宮城県美術館 (10.27~12.12)
Bunkamuraザ・ミュージアム (12.23~12.3.14)

《手紙を読む青衣の女》 (アムステルダム国立美術館)
《手紙を書く女》 (ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
《手紙を書く女と召使》 (アイルランド・ナショナル・ギャラリー)



2015(平成27)年
ルーヴル美術館展 日常を描く-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
国立新美術館
京都市美術館 (6.16~9.27) 8.29

《天文学者》



フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち-世界劇場の女性-

京都市美術館 (10.24~16.1.5) 11.19
森アーツセンター (16.1.14~3.31)
福島県立美術館 (4.6~5.8)

《水差しを持つ女》
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2016-01-08 20:20 | 展覧会

2015.8.29 ルーヴル美術館展 (京都市美術館)


ルーヴル美術館展 日常を描く-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
国立新美術館
京都市美術館 (6.16~9.27)

《天文学者》
b0024408_23482765.jpg

[PR]
by kinmokusei_verdi | 2015-08-29 23:45 | 展覧会

2012.3.10 ホノルル美術館所蔵 北斎展

(2012.2.1~3.25) 後期2.28~3.25
(京都文化博物館)

気に入ったのは
24雪月花シリーズ《淀川》
29遊亀
○31鶯と垂桜
○100冨嶽三十六景 《甲州三坂水面》
111諸国瀧巡り 《木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧》
142詩哥写真鏡 《東坡騎驢》


図録は大変心惹かれましたが自粛、代わりに○印は絵はがきがあったので購入。
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2012-03-10 22:22 | 展覧会

2012.3.6 コレクション展 (国立国際美術館)

(2012.1.7~4.8)

特別展が草間彌生なので、コレクションは女性作家の作品を中心に展示、
と言うことで、気になる作品がいろいろ。


田中田鶴子《Microcosm VII》

2 日本の絵画動向から
松本陽子《ベイルシェバの荒野》
日高理恵子《樹を見上げてV》

3 ’60~’70年代を中心に
草間彌生《ネット・アキュミュレーション》(1958)

4 写真による表現から-記憶、身体
ロレッタ・ラックス《アイルランドの少女たち》
《ドロテア》

5 ’80年代以降の展開
内藤礼《無題》(2009)
エミリー・カーメ・ウングワレー《私の故郷》
ウテ・リンドナー《露出時間》
キキ・スミス《露の虹》


もちろんここに来る楽しみのひとつは須田さんの《チューリップ》
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2012-03-06 23:06 | 展覧会

2012.3.6 草間彌生 永遠の永遠の永遠

(2012.1.7~4.8)
(国立国際美術館)

アサヒメイトで無料招待だったので行ったのだが。
やはり、水玉に圧倒されてしまった。

平面で気になったのは
065《月の夜の河》(2010)
きっと題名が気に入ったからだ。

FRP(繊維強化プラスティック)の巨大彫刻の部屋では
104《チューリップに愛をこめて、永遠に祈る》
が、撮影可だったため、記念写真スポットと化していた。。。

この特別填りは関連した常設、コレクション展のほうが収穫大だった。
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2012-03-06 22:22 | 展覧会

2011.9.29 フェルメールからのラブレター (京都市美術館)

《手紙を読む青衣の女》 修復後初公開!がウリでした。

フェルメールからのラブレター 
コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

京都市美術館 (6.25~10.16)
宮城県美術館 (10.27~12.12)
Bunkamuraザ・ミュージアム (12.23~12.3.14)


《手紙を読む青衣の女》 (アムステルダム国立美術館)
b0024408_23422715.jpg

《手紙を書く女》 (ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
b0024408_23424188.jpg

《手紙を書く女と召使》 (アイルランド・ナショナル・ギャラリー)
b0024408_23425513.jpg

[PR]
by kinmokusei_verdi | 2011-09-29 23:45 | 展覧会

2011.9.29 フェルメールからのラブレター (京都市美術館)

フェルメールからのラブレター 
コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

京都市美術館 (6.25~10.16) 
宮城県美術館 (10.27~12.12)
Bunkamuraザ・ミュージアム (12.23~12.3.14)

《手紙を読む青衣の女》 (アムステルダム国立美術館)
b0024408_23422715.jpg

《手紙を書く女》 (ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
b0024408_23424188.jpg

《手紙を書く女と召使》 (アイルランド・ナショナル・ギャラリー)
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2011-09-29 23:45 | 展覧会

第3クォーター展覧会ベスト3

思いきり放置してました。。。

いやもう、だんとつで
姫路市立美術館/酒井抱一と江戸琳派の全貌

で次はやっぱり
京都文化博物館/帰ってきた江戸絵画 ギッター・コレクション展

3位が悩むところで
兵庫県立歴史博物館/ひょうごの鉄道-鉄道新世紀へ-
かなあ。めじゃーなのはこっちでしょうけど。
京都市美術館/フェルメールからのラブレター展
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2011-09-28 23:45 | 展覧会

第2クォーター展覧会ベスト3

最近めっきり展覧会観覧回数が減っている=厳選して足を運ぶ=ベスト3を選ぶのが簡単、
と言うわけで

大阪市立美術館:没後150年 歌川国芳展
江戸東京博物館:五百羅漢展
MIHO MUSEUM:長澤芦雪 奇は新なり

です。全部日本ものになってしまいましたが。それも江戸時代限定!?
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2011-06-28 01:15 | 展覧会

逃した展覧会! SEIAN FRONTIER volume.2

フライヤーを見つけたのは23日のお昼前。
会期は23日18時まで。
京都市内なら押し込んだけど大津、それも湖西線のおごとではちょっと無理・・・

なくなられた人間国宝・江里佐代子さん、
VOCAで気に入った小柳裕さん、
第一生命ギャラリーで見たみやじけいこさん、はじめ12人のグループ展。

もっと早く情報わかってれば朝早く出たのに・・・残念。
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2010-10-24 23:22 | 展覧会