2010.7.13 雪組新人公演『ロジェ』  まだ途中・・・

やっと冷静に記事が書けるようになったと思う。その分印象は薄れたと思うが。

先に結論を書くと、咲ちゃんかわいそ・・・かな、みなこお疲れさま・・・かなあ。

チケットを入手できたときは、配役は発表されてなかった。
もし発表されてたら買わなかったかも。
どうして初舞台ふんで配属されたばかりの新人を見たいものか。それも曰くつきの。
96期だけに(?)黒い噂の絶えない首席。で、雪組配属。
美海ちゃんを応援しててもしてなくても、気の毒な配役だった。

堂々めぐりなぐちはさておき、まずは主演、彩風咲奈ちゃん。
ソルフェリーノの新公初主演は残念ながら観ていないが、『ロシアンブルー』の2番手、
執事スペンサー役を観て、そのうまさに驚いてからほぼ1年、着実に経験を重ねていた。
センターに立つのに慣れてきたようだ。本役と較べて若く明るく見えてしまうのはしかたない
(上背があってスマートなので、より若々しく見える)が、技術面、演技・歌とも現段階では
大きな問題はなく上出来の部類。逆に出来すぎててつまらないくらい。
見た目もスマートですっきり過ぎて、男役としては見所がないのが残念だけど、
(スーツ姿は補正が命!?なので、自分の体型をカバーして着こなせるようになってほしい)
ここはまだまだ下級生、男役は年季がかかるものなので、これからの精進に期待したい。

2番手リオンを演じたがおりちゃん@香綾しずる。
もともと3拍子揃ったうまい人なので、何の不安もなく観ることができた。
これでもう少し華があれば(雪組は華だけでは厳しいけど)文句なしに路線に入るだろうに・・・
(某OGと印象がかぶるのよ・・・彼女は無事トップになったけど・・・)
歌も上出来、本公演でも通用しそう。
ただ、桂ちゃんの役なのでとってもさわやか~に演じてたけど、がおりちゃんは黒い役の
方が本領発揮できると思う。ゼンダ城のミカエル大公とか見てみたい~

3番手?クラウス、は彩凪翔ちゃん。
こんな美形だったのね~!いや、前からわかってはいたけど再認識させられました。
(『エリザベート』の鳥と魚でございます~の時から気にはなってたのだ)
演技も本役ちぎちゃんとは若干アプローチが違う感じがしたけどそれも含めてよかったです。

3.5番手(苦笑)マキシムを、りーしゃちゃん@透真かずき。
今回、一番楽しみにしてたと言っても過言ではなく、お気にの美人なりーしゃちゃんが、
あの天然マキシムをどう料理するか、が楽しみで・・・
本役こまちゃんの演技をお手本に好演してました。
まぁ、座談会などで地じゃないのか?と言われてる位、あて書きのような役なので、
見た目すっとした2枚目のりーしゃちゃんにはいるだけで天然っ!の雰囲気はなくて
それはしかたないかな。スーツ姿もきれいでしたし、いっぱい台詞が聞けてうれしかった。

まやさん演じるバシュレを帆風成海ちゃん。路線かな?と思ってたのに、こんな渋い役で
驚きました。老け役だし、この学年では大変だったと思うけどがんばって演じてたと思います。
これもいい経験かも。

ひろみちゃん演じるヤコブを、この公演で退団する梓 晴輝ちゃん。
演技、とてもよかったです。本役のひろみは華があって、調査員としては逆にすこーし
頼りなさそうに見える(みなこの方がしっかりしてるように見えて・・・
あくまで、わたしにはそう見えると言うことですが)んだけど、
彼女の演技は実務能力が高く、落ち着いた男性でした。
助演としてこれから戦力になる、とcheckしてただけに退団は残念です。


クロード(そらちゃん最後の役・・・)を、あきちゃん@凰華 れの 。
お気にの上級生の役を応援してる下級生が演る、というのはロシアンブルーのとき
そらちゃんの役をさなちゃんが演ったのと同じパターンで、どちらも観てて
うれしく、楽しいですね。
今回、クロードはいい場面をもらってるので、あきちゃんがどう演じるか注目してましたが
好演でしたね。ちゃんと場面をしめてました。

さて、あと書く予定は。
圭子さんのクリスティーヌを透水 さらさちゃん
カミーラ 舞羽 美海
ローラ涼花 リサ 悠月 れな
シュミット 緒月 遠麻 凛城 きら
モニーク 早花 まこ 花瑛 ちほ
組織の男 大凪 真生 久城 あす
アイザック 大湖 せしる 月城 かなと
組織の男 彩夏 涼 亜聖 樹
組織の男 紫友 みれい 央雅 光希
街の男 蓮城 まこと 詩風 翠
街の男 香綾 しずる 大澄 れい
ヴィンセント 彩風 咲奈 煌羽 レオ
マリア 舞羽 美海 愛加 あゆ
レア 愛原 実花 夢華 あみ
[PR]
by kinmokusei_verdi | 2010-07-13 22:22 | 観劇
<< 2010.7.11 京都芸大で... 2010.7.9 ART OS... >>